妊娠中の発達は赤ちゃんの障がいに影響する?その理由とは・・・

はじめに

赤ちゃんの発達というと、生まれてきてから長い期間をかけて少しずつ発達していくイメージがあると思います。

しかし、赤ちゃんの発達は生まれてきてから始まるわけではありません。

実は、妊娠してお母さんのお腹の中にいる時期から運動発達はすでに始まっています。

この妊娠の時期(以下妊娠中)の発達は、生まれてきてからの赤ちゃんの発達と大きく関わりがあります。

また、妊娠中の発達は重症心身障がい児とも大きく関わりがあります。

今回は、妊娠中の発達と重症心身障がい児との関連について紹介していきたいと思います。

妊娠中の発達と生まれてからの発達は関わりがあるのか?

赤ちゃんの発達というと真っ先に思い浮かぶのが、生まれてきてから歩けるようになるまでを想像するのではないでしょうか。

確かに生まれてきてからの発達は、大人になってからの身体・精神面の発達に大きな影響があります。

しかし、身体・精神面の発達には妊娠中の発達も大きく影響します。

つまり妊娠中の発達が十分でないと、生まれてきてからの発達も遅れてしまいやすくなるのです。

そのため、妊娠中の発達を知ることは生まれてきてからの赤ちゃんの発達のために必要なことだと言えるでしょう。

妊娠してから赤ちゃんはどのように発達していくのか

では、妊娠中はどのように赤ちゃんは発達をしていくのでしょうか。

まず、妊娠の初期から妊娠28週(大体妊娠7ヶ月ごろ)までは生きていくための機能を中心に形成されていきます。

生きていくための機能とは、心臓や肝臓などの内臓機能や脳などの中枢機能、聴覚・視覚などの感覚機能のことです。

これらの機能は、生まれてから外の世界(重力下)で人として生きていくために必ず必要となる重要な機能です。

ということは、妊娠7ヶ月頃までにはすでに外の環境で生きていくための機能はほぼ出来上がるということですね。

ただ、この妊娠7ヶ月前後という時期に生まれるとその後の発達に大きく影響がでてしまうリスクがあります。

妊娠7ヶ月ごろまでは、体重と身長はそれほど急激に増加しません。

この妊娠7ヶ月以降の急激な体重と身長の増加が、生まれてからの発達にとってとても重要になります。

では、いつから身長と体重が増加するのかというと、妊娠7ヶ月から在胎40週(大体妊娠10ヶ月)までの期間に体重と身長が急激に増加します。

この時期に子宮内で過ごすことが出生後の発達に大きく影響するのです。

赤ちゃんは子宮の中でどのように動いているのか 

妊娠7ヶ月前後までは比較的体重の増加は緩やかです。

赤ちゃんも子宮内の空間に余裕があるため自由に手足を動かしながらぐるぐると動くことができます。

自由に身体を動かすことが出来るので、指しゃぶりをしたり、手で自分の足を触ったりなどすることができます。

このように自分の身体を触れる機会も多くなりことで少しずつ身体のイメージを形成していきます。

赤ちゃんは、妊娠7ヶ月前後までの自由な身体の動きにより、自分の身体のイメージを自然と学習し基礎的な身体運動発達を形成していきます。

それに対して妊娠7ヶ月以降は、7ヶ月までの発達と違い身長と体重が急激に増加するので徐々に子宮内が狭くなり限られた空間での活動になってきます。

狭い空間で姿勢を保持するために、胎児の姿勢は体操座りのような丸まった姿勢(屈曲姿勢)になっていきます。

ただ、子宮内が狭くなってきたとはいえこの時期も身体活動は今までと同じように活発に行われます。

そのため、体操座りのような姿勢のまま子宮の内壁を押したり蹴ったりするような動作を行います。

このような活動を繰り返すうちに持続的な筋収縮が促され、体幹中枢部(腹部筋)の筋活動が活発になります。

赤ちゃんが丸まった姿勢(屈曲姿勢)で生まれてくるのは、子宮内の環境による身体活動の影響があるためです。

生まれた後は、今までの子宮環境と違って重力が赤ちゃんにかかります。

重力がかかると思うように動くことは難しいですが、子宮内で持続的な筋活動を経験していたおかげで、生まれてすぐに重力のかかる環境に出てきても手足を動かすことができるというわけです。

重症心身障がい児と妊娠期間の関連

このように妊娠中の発達(特に妊娠28週以降)は、生まれてきてからの発達に大きく影響します。

狭くなった子宮内で丸まった姿勢が続くことで、赤ちゃんは重力下でもスムーズに適応することができます。

また、子宮環境は胎児にとってとても快適な空間なので、精神面でも良い影響があります。

妊娠40週という長い期間子宮で過ごすということは、身体面だけでなく精神面においても大切なのです。

人は大人になっても丸まった姿勢になることで精神的に落ち着きやすい傾向があります。

妊娠中子宮の中で丸まった状態は、精神的な安定のために赤ちゃん自身が自然と適応している状態なのです。

ただ、妊娠28週以前に生まれてくる赤ちゃんは、心身ともに障がいのリスクが高くなります。

また、脳室周囲白質軟化症や脳出血などの脳への障がいのリスクも高まります。

妊娠期間40週(約10ヶ月)という期間には、赤ちゃんの発達にとって重要な意味がある期間です。

早産で生まれてくるということは、それだけ様々な障がいのリスクが高くなるということですね。

ただ、必ずしも40週の間子宮で過ごさなければならないというわけではありません。

妊娠40週より前に母子ともに命の危険がある場合は、できるだけリスクを回避するために早く出産するという選択肢があります。

現在は、早く生まれてきてもできるだけ子宮環境に近い環境で過ごせるように発達のフォローが始まります。

このように重症心身障がい児と妊娠期間は大きく関わりがあり、現在の周産期医療の問題と重なる部分が多くあるのです。

まとめ

妊娠7ヶ月から10ヶ月の間の急激な身長と体重の増加により、胎児は体幹の活動性が引き出されていきます(腹筋活動が活発になる)。

この腹筋活動により出生後に重力に逆らって動くことが可能で、安定して姿勢保持を行うことが出来ます。

そして徐々に重力に慣れてくると、今度は様々な身体動作が可能になってきて首が座り寝返りや腹臥位などといった姿勢・動作が出来るようになってくるのです。

赤ちゃんは、生まれたときから身体運動が発達するように子宮の中で活発に動いています。

お母さんのお腹の中にいるときから重力下で生きていくために少しずつ準備しているというわけです。

このように妊娠中の発達を知ることは、正常発達を知るうえでとても重要なことです。

妊娠中の発達を理解し、生まれたあとの赤ちゃんの発達をイメージしていきましょう!

最新情報をチェックしよう!
>日本初 よく眠れるようになる放課後等デイサービス「MIRAI」

日本初 よく眠れるようになる放課後等デイサービス「MIRAI」

MIRAIでは重症心身障がい児を対象とした眠りと機能訓練特化型に特化した放課後等デイサービスです。
お子様が安心して、良い眠りをすることにより、健やかに成長してくれることを何よりの願いとし、私たちは顧客満足度90%以上を目指して一人一人に向き合っていく覚悟です。

CTR IMG