睡眠も成長する!?睡眠と発達について

いつも記事を読んで頂きありがとうございます。

身体の発達は大きくなったり、
新しいことができるようになったり
目に見える変化が多くわかりやすいですね。

ですが、眠りにも発達があるのをご存じでしたか?

眠りの変化は目に見えづらいので
意外に思う方もいるかもしれませんね。

そこで、今回は眠りの発達に関してお話させて頂きます。

なぜ睡眠が必要なの?

本題の眠りの発達に入るまえに
なぜ私たちには睡眠が必要なのでしょうか?

この睡眠の役割について確認しましょう!

大きな脳を休める!

睡眠の1番の目的は何といっても脳を休める!!!

これです!

なぜ脳を休める必要があるのでしょうか?

それは私たち人間の脳は他の動物に比べて
大きいからです。

人の脳は約1300gと言われており、
チンパンジーの約400gと比べると
およそ3倍も大きいのです。

さらに人の脳では大脳皮質とよばれる
部分が特に発達しているのが特徴です。

この大脳皮質は

  • 覚える
  • 考える
  • 共感する

など
人だからこそできる高度な働きをしています。

そして、人の脳には古い部分(脳幹)もあり、
そこには睡眠をつかさどる場所などがあります。

つまり、脳の古い部分で睡眠をコントロールして
脳の新しい部分を休ませているわけです。

そして脳が休んでいる間には

  • 脳の老廃物の廃棄
  • 不必要な記憶の消去

が行われています。

睡眠と発達

以上のことから、
睡眠=脳を休める

という役割があることがご理解いただけたでしょうか。

しかし、ここで1つ気になるのが
脳が成長段階にある子どもであっても
大人と同じ睡眠の特徴があるのでしょうか?

それが実は様々な点で違いがあるんですね。

では、ここから本題である
睡眠の発達についてお話していきます。

睡眠時間は短くなる

はじめに睡眠時間が成長にともなって
どのように変化するのかご説明します。

スッキリとした覚醒状態を保つために必要な
睡眠時間は以下のようになっています。

(出典:駒田陽子,2019,子どもの睡眠ガイドブック,朝倉書店)

このように睡眠時間は
段々と短くなっていますね。

特に乳幼児では1日で15時間寝るのに対し
高齢者では7時間です。
その差は約2倍にもなるのです。

ではなぜこのような違いがでるのでしょうか?

それは乳幼児の場合、寝ている間に
成長ホルモンが多く分泌され
脳や身体の成長を促すためと言われています。

また、乳幼児のときには
体内時計が確立されていないので
睡眠時間が長くなってしまうともいわれています。

体内時計の確立

私たち人の身体には体内時計があり、
動く時間と休む時間のメリハリをつけています。

しかし、新生児はまだ体内時計が
確立されていないので
活動と休息のリズムが整っていません。

下の図を見てください。

黒い波のある所が起きている時間です。

その波の横にあるのが生まれてからの週数です。

(出典:駒田陽子,2019,子どもの睡眠ガイドブック,朝倉書店)

このように生後7週目から黒波の
1日の中で生体リズムが整い始めます。

そして生後3~4か月目には
しっかりと生体リズムが整います。

そしてメリハリのある生活は
身体の様々な点で成長を促します。

セロトニン神経系の発達

メリハリのある生体リズムは
セロトニン神経の発達をうながします。

このセロトニンは睡眠のタイミングを
調節するとても重要な役割があります。

十分な睡眠がとれることで日中の
覚醒状態を維持することが出来るようになります。

そうすると日中により多くのことを
経験し学習することができ、
身体の発達を促してくれるのです。

自律神経系の発達

以上のように脳の発達が進んでくると
続いて自律神経といわれるものが発達してきます。

睡眠と自律神経に関する点では
発汗機能がとても重要になります。

なぜならこの発汗機能は

  • 寝入りやすさ
  • 睡眠の質

を左右する機能だからです。

まず、寝入りに関して
人は体温が下がると眠気を感じます。

寝る前には体温を下げるために
手足から熱を身体の外に逃がすために
汗をかくのです。

したがって、上手に汗を
かくことですんなりと寝れるわけです。

次に睡眠の質に関して
寝ている間、体温を一定に保つことは
質の良い睡眠には欠かせません。

しかし、子どもは大人に比べて
その体温調節がうまくできません。

その理由は

  • 発汗機能が未発達(少ない)
  • 胸や頭の皮膚温が高い
  • 血液量が少ない

です。

以上の理由で子どもは
熱をうまく逃がすことができず
熱がこもってしまうことが多いのです。

したがって、室温が20℃であっても
70%の子どもは寝るときに
何も掛けずに寝ています。

また、汗で熱を逃がすことが出来ない代わりに
身体と布団の間に溜まった熱を逃がすために

身体を動かすことで調節しています。

だから、子どもは寝相が悪いんですね。

まとめ

子どもの睡眠は脳の休息と心身の発達に
重要な役割を担っていることが分かりましたでしょうか?

出生~生後6か月:生体リズムの確立

生後6か月~3歳:自律神経系(発汗機能)の発達

3歳~5歳:前頭葉の発達

このように質の良い睡眠は
体や脳の発達をうながしていくのです。

そして、子どもにとって良い睡眠環境とは
熱がこもらない環境のこと。

以上を参考に寝ることの意味を
再確認して頂けると嬉しいです。

最新情報をチェックしよう!
>日本初 よく眠れるようになる放課後等デイサービス「MIRAI」

日本初 よく眠れるようになる放課後等デイサービス「MIRAI」

MIRAIでは重症心身障がい児を対象とした眠りと機能訓練特化型に特化した放課後等デイサービスです。
お子様が安心して、良い眠りをすることにより、健やかに成長してくれることを何よりの願いとし、私たちは顧客満足度90%以上を目指して一人一人に向き合っていく覚悟です。

CTR IMG